fc2ブログ
Photo Essay 櫻の木
ユーモアと好奇心と遊び心を忘れずに……コンサルティング会社の社長の日々雑感
スタンディング・バー「maru」
昨日仕事帰りに、八丁堀にあるスタンディング・バー「maru」に行きました。

地下鉄日比谷線とJR京葉線の八丁堀駅の出口を上がると、
鍛冶橋通りと新大橋通りの交差点角が目の前にあります。
その近くにあるのが、「Liquor shop 宮田屋」です。

ただし、この宮田屋さん、そんじょそこらにある酒屋ではないのです。
店内の1階はお酒の販売のスペースです。
お酒の販売スペースの左側にあるのが、「Stand bar maru」です。
もともとは酒屋にありがちな典型的な立ち飲みスペースだったところを、
いまの店主が洒落たラテンスタイルのスタンディング・バーに一新させたのだそうです。
※ちなみに2階は着席スタイルのバースペース、そして3階は鉄板焼きの店です。

相変わらず店は込んでいましたね。
OL風のグループ、熟年のカップル、そしてサラリーマンのおじさんたち………
サルサなどのラテン系の音楽がガンガン流れる中、ワイワイと飲んで、語っています。
この独特の雰囲気が「maru」の魅力のひとつです。

僕たちもカウンターの奥に陣取って、まずはビールで乾杯。
つまみも生ハム、牛スジの煮込み、鳥の唐揚げの3品をオーダーしました。
どれもおいしいですね。

ビールを飲み終わると、販売スペースに行って、赤ワインを選びました。
お店のスタッフにアドバイスをもらって、安くておいしいチリワインをチョイス。
酒屋で売っているものも500円の抜栓料をはらうと、
バーで飲めるのがこの店の特徴です。
さらに焼きそばを追加オーダー。

1時間半程度で店を出ましたが、
料金は二人で5,000円弱、安いよね。

それと、この店の女性スタッフはみんな美人ぞろいです。
特別愛想がいいわけではないのですが、
キビキビと働く様子は気持ちがいいですね

スタンディング・バー「maru」
 脚付きの生ハムの塊から、ハムをスライス

スポンサーサイト






この記事へのコメント


コメントする


この記事へのトラックバック

トラックバックURLはこちら: http://sakuraman.blog90.fc2.com/tb.php/67-9bd9c58a


 HOME