fc2ブログ
Photo Essay 櫻の木
ユーモアと好奇心と遊び心を忘れずに……コンサルティング会社の社長の日々雑感
フルーツの王様、ドリアン
フルーツの王様といえば、ドリアンを挙げる方が少なくないと思います。
ドリアンの原産地は東南アジアのマレー半島です。
マレー語でトゲのある物という意味があるのだそうです。

ご存知のように、ドリアンといえば、あの強烈なにおい。
飛行機内への持込みはもちろん禁止、
公共の建物やホテルへも、持ち込み禁止にしている所が多いそうです。 

しかし、人によってはあのにおいがたまらない、
一度食べたらやみつきになるといいます。

僕も苦手なもののひとつでしたが、
4月にバンコクに行ったときに、
(ちなみにドリアンはタイ語ではトゥリアンです)
採れたての新鮮なドリアンは臭くないといわれ
恐る恐る口にしてみました。

これが何とまったく臭くなかったんですね。
クリーミーで、甘みが強く、おいしかったんです。
ちょっとクセになりそうな味でした。

ドリアン2
 採れたてのドリアンです
ドリアン1
 ドリアンの果肉、臭くなかったです

スポンサーサイト






この記事へのコメント


コメントする


この記事へのトラックバック

トラックバックURLはこちら: http://sakuraman.blog90.fc2.com/tb.php/77-4d02795d


 HOME